• 廃棄物処理

中間処理 - 土手影建設の業務

中間処理とは、産業廃棄物を再生利用したり埋め立て処分する前に、減容化、減量化、無害化、安定化などの処理をすることで、中間処理施設とはそのような産業廃棄物の処理をする設備を整えた施設のことです。弊社ではコンクリート塊や木くずなどを破砕することで減容化や再資源化を行っております。

一般・産業廃棄物処理

一般・産業廃棄物 富士河口湖リサイクルプラント

弊社は環境問題にいち早く着目し、1994(平成6)年に産業廃棄物中間処理工場を山梨県富士河口湖町(旧河口湖町)に建設し、リサイクル・産業廃棄物処理に取り組んで参りました。
2013年、富士の広大な裾野に広がる国立公園内に21.037屬發量明僂鰺し、「富士河口湖リサイクルプラント」を新設し、今まで以上の産業廃棄物の受け入れが可能になり、さらに一般廃棄物の受け入れも可能になりました。
一般・産業廃棄物 富士河口湖リサイクルプラント
〒401-0302 山梨県南都留郡富士河口湖町小立5065 
TEL. 0555-73-3344 / FAX. 0555-73-3611
電子マニフェスト対応

  • 一般・産業廃棄物 富士河口湖リサイクルプラント選別施設
  • 一般・産業廃棄物 富士河口湖リサイクルプラント圧縮施設
  • 一般・産業廃棄物 富士河口湖リサイクルプラント破砕施設
  • 一般・産業廃棄物 富士河口湖リサイクルプラント圧縮施設
産業廃棄物の中間処理の流れ

廃棄物種類

廃プラスチック類(発砲スチロール含む)、紙くず、木くず、繊維くず、金属くず、ガラスくず・コンクリートくず及び陶磁器くず(廃蛍光灯・廃石膏ボード含む)、がれき類、石綿含有産業廃棄物、燃え殻、建設汚泥、廃油(詳細は事前にお問い合わせください)

中間処理施設での処理フロー(建設混合廃棄物の例)

中間処理施設での処理フロー(建設混合廃棄物の例)
廃棄物処理関連 設備一覧
土手影建設の仕事
ISO 9001 & ISO14001
ページの先頭へ