建造物解体(法人) - 土手影建設の業務

解体工事は従来行われてきたミンチ(混合)解体と、建設リサイクル法を初めとした環境法を遵守した分別解体と低騒音・低振動技術を基本としたエコ解体に分類されます。弊社では、アスベスト、土壌汚染等とも関連する解体工事を広義の環境債務(企業活動に伴って生じる環境へ及ぼす影響を防止・削減するためのコスト)として位置づけエコ解体を行っております。

直接工事費の削減

直接工事費の削減 自社保有の建設機械及び運搬車両と解体施工技士や熟練オペレーターの技術により、機械損料、作業日数、労務費などの直接工事費を削減できます。
発生材の運搬と処分についても、自社の産業廃棄物中間処理工場にて行う為、間接経費を抑えることが可能になります。

写真(左):ロングアーム

工事までの流れ

建物解体工事の流れ

主な解体工事実績

解体工事名
旧横浜学園寮他解体撤去工事
富士河口湖町地区公民館ホール解体工事
下の水石油衙楴匍詭所他4店舗解体工事
大月警察署田原待機宿舎解体工事
キャタピラー大月事務所解体工事
旧吉田保健所解体工事
蠡臚産業富士吉田SS解体撤去工事
和光大学セミナーハウス解体撤去工事

解体工事施工事例

建物解体(法人)関連 設備一覧
収集運搬用 フックロール 10t

収集運搬用 フックロール 10t

掘削機 アタッチメント付

掘削機 アタッチメント付

土手影建設の仕事
ISO 9001 & ISO14001
ページの先頭へ